Zum Inhalt springen


宇多田ヒカルを覚えたい時


2014年5月30日

宇多田ヒカルを覚えたい時

私が中年なので、宇多田ヒカルには、始めそんなに興味がなかったのですが、いろんな歌が出ていたから一度は歌ってみようと思い、ピアノをひいていたら、結構曲調が美しく、いい感じだったので、今度はカラオケで歌ってみようと思い、カラオケで「オートマチック」とか「フレーバーオブライフ」「カラー」とかいろいろ歌っていると、あー、これは相当運動にもなるな、と思いだし、宇多田ヒカルの作詞、作曲の才能にほれぼれしつつも、中年ながらに、息切れしながら歌ったりしました。
腹から声を出さないと、なかなか息が続かない歌が多いです。
私の場合は普段から運動をしているから息がなんとか続くけど、運動していなかったら宇多田ヒカルの歌う歌は選んでも歌えないと思います。
昔は景気が良かったから、カラオケでも、フリードリンクを取りに行くたびにあちこちの部屋から誰かの歌が聞こえていたけど、今は景気が芳しくくないから、あのころが懐かしいです。
ほんとにどこの部屋からも明るい歌声が聞こえていたから…
今はやっぱり開いた部屋多いです。
寂しいけど仕方ないですね。

タグ:
2014年5月23日

私のカラオケ体験談

私のカラオケ体験談です。最近カラオケに行ったばかりなのですが、何度いっても楽しいです。時間が過ぎるのがとても早く感じるのがカラオケだと思います。初めてカラオケに行ったのは小学生の頃でした。もちろん大人達と行った為、大人の前で歌を歌う行為自体初めての体験で大変緊張したのを今でも覚えています。もちろん初めからうまく歌えるはずもなく自分的にはとても恥ずかしい体験でした。しかし大きな声でマイクを通して歌を歌う行為自体がとても気持ちよくカラオケに行くたびにどんどんカラオケにハマっていきました。一番行った時期は高校生の時で暇さえあれば友達とカラオケに行きました。時間を忘れてフリータイムのマックスである8時間いっぱいカラオケボックスにいた事も何度もありました。大人になってからはカラオケでお酒を飲むことも多くなりました。食べ物も学生時代とは違いカラオケボックスとは思えないほど美味しいものもありました。またカラオケは仕事仲間や上司とも行く事もありコミュニケーションの勉強の場でもありました。これからもカラオケに沢山いって色々体験していきたいと思います。

タグ:

カラオケをしてみて楽しかったこと

私と主人は、歌を歌うことが好きなのでよくカラオケに行きます。妊娠中なのであまり激しい歌は歌わないようにしているのですが、自分がのってくると、お腹の子ものっているような感じがします。主人以外の男性と行っていた時は、気をつかって女の子らしい歌ばかり歌うようにしていましたが、主人と行くと最近は友達といっているようかのようにきにせず、歌いたい歌を歌うことができるのでとっても気持ちいいです。カラオケにいくと、プロモーションビデオも見れるのでそちらも楽しめるひとつの要因です。最近はライブバージョンなどもあるので、本当に自分もそのライブに行っているような感じで歌うことができるので楽しめます。
昔はよく採点ゲームをして、友達と競って遊んでいました。また、ものまねもよくやっていました。
最近は外国の曲も歌ったりするのですが、日本の曲にくらべて難しいので、日本の歌を歌ってすっきりします。また、カラオケのご飯も好きです。外食がわりにカラオケに行くこともあります。

タグ: